那須川天心VS武尊は団体の問題で不可能?勝敗予想も!

未分類
LAS VEGAS, NEVADA - DECEMBER 06: Tenshin Nasukawa poses after working out at the Mayweather Boxing Club on December 6, 2018 in Las Vegas, Nevada. Nasukawa will meet Floyd Mayweather Jr. in a three-round boxing exhibition at Saitama Prefecture Super Arena in Saitama, Japan on December 31, 2018. (Photo by Ethan Miller/Getty Images)

現在の日本格闘技界を賑わせている二人といえばやはり、”那須川天心””武尊”だと思います。

とは言っても、過去に二人が対戦したことはなく、もし対戦した場合どちらが勝つのか!?というような勝敗予想する声が、それぞれが試合を行うたびに挙がっています。

そして本人たちも試合後のインタビューやSNSの投稿などでお互いを意識したと思われる発言を多々しており、もし実現すれば格闘技界がめちゃくちゃ盛り上がることは間違いありません。

ということで、

今回はその”二人が対戦する未来はあるのか”や、”もし対戦したらどっちが勝つのか”ということに関して書いていきたいと思います!

出典 https://spread-sports.jp/
スポンサーリンク

那須川天心と武尊の対戦が実現しないのは団体の問題!?

那須川天心選手は”RIZIN”という団体の大会に参戦しておりプロとしての戦績は33試合33勝25KOということで未だ無敗として活躍し続けていますね。

以前、公式戦ではありませんでしたがボクシング元5階級制覇を達成した伝説のボクサーであるフロイド・メイウェザー・ジュニアとボクシングルールで対戦し1RでKO負けしてしまいました。

しかし、その試合の契約内容は明らかに那須川天心選手にとっては不利なもので、特に大きかったのは体重差だと思いますが、その条件でも那須川天心選手の格闘界を盛り上げて自分自身の実力も試してみたいという向上心も感じられた試合だったと思います。

しかも、那須川天心選手はまだ21歳ということで、今でも十分強いですがまだまだ進化していきそうな貪欲さも感じさせてれます。

メイウェザー選手以外との試合でも、タイ人の本当に強い選手との試合も多く行なっており、その上で圧倒的な勝利を収めており、この階級では実力NO1ではないかという声も多くなっています。

そして、武尊選手に関しては馴染み深い人も多いかと思いますが”K-1”という団体の大会に参戦しており、そのK-1の中で正に象徴的な存在となっている選手ですね。

格闘技界、K-1を盛り上げるために幅広い活動を行なっており、テレビに出たり、SNSの活用、私服などもオシャレにきめて、魔裟斗選手などがいた頃の絶大な人気があった頃のK-1の復活のために精力的に活動しています。

そのため、芸能人や有名人とも友達が多く武尊選手の試合の時には多くの有名人がかけつけています。

そして、もちろん実力も十分でプロとしての戦績は39戦38勝22KO1負という素晴らしい戦績を残しており、その負けたのも2012年のプロ6戦目で、武尊選手はまだ戦えるという意思はありましが、鼻血が激しくドクターストップによって負けを喫してしまいました。

しかし、その後は現在まで7年間無敗で勝利し続けています。

ということで、この”RIZIN”と”K-1”という団体でそれぞれがトップ選手として君臨しているわけですが、そうなると気になるのは”どっちが強いのか?”ということになります。

が、そこには”団体”という大きな壁がそり立っており、中々具体的な話まで進んでいないのが現実です。

実際にK-1やRIZINサイドと各選手がどのような契約になっているのかはわかりませんが、少なくても、他団体に関する言動や対戦に関してもシャットダウンされていると思われます。

実際に、解説の人が他団体に関しての発言をした時にそれをカットしていたり、個人名を出すことはしていません。

また、最近ではK-1の皇治選手が、”他団体の選手と対戦出来ないならK-1をやめる”という発言をしたことも話題となっていました。

もちろん皇治選手はK-1愛も語っており、そのK-1が世界一だと思っているからこそ他団体の選手と対戦してその強さを証明したいんだという気持ちが強いようです。

それが、今回のような発言に繋がったようなのですが、それでもK-1が認めてくれないというのなら、K-1に違約金を払ってでもK-1を抜け、他団体の選手と対戦しその後、また迎えてくれるのならK-1に戻りたいというような発言もしています。

なので、武尊選手の場合もこの団体の壁が大きく立ちはだかっているために、選手達はもどかしい状態になっているようです。

詳しい状況はわかりませんが、K-1やRIZIN共にビジネスとしても成功させなければならないため、色々な考えが練られているのも分かりますし、試合するということはどちらかが負けるわけで、負けた方にとってはかなりダメージがあるということは目に見えていますし、どいうルールにするのかだったり、どういう契約の試合にするのかということも非常に難しい所であるというのは理解できます。

しかし、日本の格闘技界の未来を考えるのであれば、やはり両選手がベストの状態で戦える時にファンのみんなが観たい試合をしなければ、以前のような格闘技ブームは戻ってこないと思います。

やはり、見る前から大体どっちが勝つかわかっている試合をみるより、めちゃくちゃ強いもの同士が試合をしてどっちが勝つんだ?というワクワクする試合をファンとしては観たいですね。

ということで、武尊選手や皇治選手選手をはじめ選手達もフラストレーションが溜まってきている所なので、近いうちに他団体同士の対戦が実現する日も近いかもしれませんし、絶対にそうなってほしいですね!

武尊選手と那須川天心選手が対戦したらどっちが勝つ?

上記でも書きましたが、両選手が試合を行うたびにSNSなどではどっちが強いのかという論争が必ず起きているほど対戦が熱望されている二人ですが、実際に対戦した場合どちらが勝つのかを勝手に予想してみたいと思います!

因みに、2019年11月24日に武尊選手は村越優汰選手と試合をして2-0の判定で勝利していますが、那須川天心選手も村越優汰選手と過去に2度対戦した事があり、1回目はKOで2回目は判定で勝利しています。

もちろん対戦した時期なども違うので一概には言えませんが、試合を見るかぎりでは那須川天心選手の方が余裕を持って戦っていたような印象を受けました。

ファイトスタイルに関しては、武尊選手は技術というよりは前に前に出てプレッシャーをかけて強いパンチ、キックを打ち込み続けるという印象で、那須川天心選手の方は上手く距離を取りながら多彩な攻撃パターンと速さで相手を圧倒してKOするという印象があります。

なので、もし対戦するとなれば武尊選手は多少攻撃をもらいながらでも前に前にでて距離を詰めて打ち合うという展開に持っていきたいと思うのですが、那須川天心選手の戦績にもあるようにKO率が非常に高くパンチ、キックにも非常にキレ、強さがあるのでタフな武尊選手も良いのが入れば倒れてしまう可能性が高いのかなと思います。

なので、パワーでは武尊選手選手に分があると思いますが、速さと的確に相手をKOさせる技術の高さという点においては那須川天心選手に分がると思うので、現時点で対戦するのであれば勝つのは”那須川天心”選手なのかなと思います。

ただ、本当に個人的な予想ですし、武尊選手も数々の苦しい試合も勝利してきて”経験”という所では強さはあると思いますし、何よりも気持ちが強い選手だと思うので簡単には倒れないと思いますね。

という事で、もし対戦が実現すれば絶対に盛り上がる事間違いなしですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました